バイク好き必見!モータースポーツ情報

知ってる?いろんなモータースポーツ

Author: cevalsi604 (page 1 of 3)

毛が濃いとあまり効果がない除毛クリーム

昔から毛が濃いことで悩んでおり、ツルツルの肌に憧れていました。

いつも綺麗にしている友人がスリックマンの除毛クリームを使用していると聞いたこと、たまたまネットで口コミを見たことがきっかけとなり、自分も使ってみることにしました。

スリックマンの除毛クリームは、近所のドラッグストアでも売っていたので、手軽に購入できました。種類がいくつかあったようなのですが、初めての使用ということで、敏感肌のタイプのものを選びました。

除毛クリームでは、露出した時に気になるひざ下に使用しました。使い方は説明書通りに進めていったので、初めてでも簡単でわかりやすかったです。

敏感肌用とのことでしたが、今まで使ったことがなかったからか少し匂いも気になり、肌には負担になりそうだなと思いました。

時間通りに使用しましたが、毛が濃い箇所が多いために、あまり除毛することができませんでした。毛が濃いと、効果を感じにくいようです。痛みや肌トラブルがなかったのは、幸いでした。

ひざ下は範囲が広いので、使用量が少なかったのか、敏感肌用なので効き目が薄かったのかはわかりませんが、濃かったり太い毛には違う脱毛方法の方が良さそうです。

自宅で簡単に手軽にできるところは良かったので、次回は比較的毛が薄い腕などで試してみたいです。

■詳しいレビューはこちらが参考になります
スリックマンの除毛効果

250ccバイクは良いところばかり

私が子供の頃、よく父親に250ccのバイク乗せられて色々な所へ旅に行きました。その影響から、大人になったら絶対普通自動2輪のバイクを取ろうと思いました。18歳になった瞬間に普通自動2輪のバイクを取得し、すぐさま250ccのバイクを購入しました。バイク好きな方はご存知であるとは思いますが、私の中で250ccのバイクの良さについてお話ししていきたいと思います。

まず、普通自動2輪の免許で乗れる1番大きなバイクが250ccです。すなわち簡単に取れるバイクの免許の中では1番大きなバイクに乗ることができます。その割に乗りやすく、扱いやすく、スピードが出ますのでとても楽しくツーリングなどを行うことができます。バイクのサイズ感や馬力は申し分ありません。そこまでバイクに凝っておらず、とにかくバイクに乗りたいと言う方には大変おすすめです。

続いて小型や大型バイクとの大きな違いとして、車検がなく維持費が大変しやすいと言うことと、高速道路を走行することができると言うことです。大型バイクであれば車検がありますので維持費が大変かかるのがとてもデメリットとされ、小型バイクで高速道路を走行することができません。

そのような小型バイクや大型バイクにできないメリットを兼ね備えたのが250ccのバイクであると思っています。もしバイクに乗りたいと言う形は断然250 ccのバイクをおすすめします。

入院代がないからお金を借りました

この夏スクーターで買い物に行った帰り、通り雨が降ってきました。ちょっと強く降ってきましたが、気にせずにスクーターで帰っていたら、マンホールの上でタイヤが滑りこけてしまいました。救急車で運ばれ、足を複雑骨折したので2週間ほど入院することになりました。

命に別状はなかったのは不幸中の幸いでしたが、入院代が約7万円かかりました。おまけにスクーターも廃車になったので、新たに購入しなくてはなりません。会社にはスクーターがなければ行けないからです。こんな時のために保険に入っていたら良かったのですが、私は独身のために保険には入っていませんでした。

合計20万円のお金が必要ですが、私は蓄えがありません。独身だから入った分はみんな使っていたからです。こんな時、私が頼ったのは、消費者金融のカードローンです。前からちょこちょことお世話になっていましたが、20万円も借りたことはありません。2,3万円借りては3000円ずつ返済し、ボーナスでまとめて一括返済するのがマイルールでした。確か限定額は30万円だったはずなので借りられます。

病院の側にコンビニがあり、ATMから20万円キャッシングできました。しばらく自宅療養したいのですが、あまり休むとクビになります。カードローンの返済もありますし、ボチボチ働きたいと思っています。

即日でお金を借りたいならコチラが参考になります。(http://www.pmoca.net/)

イデコのメリットとデメリットについて

運用益が非課税になることについて、再度「運用とは何か」ってことを考えてみましょう。

3号被保険者はサラリーマンの様に所得が多くないため、所得控除の効果は限定的ですが、
現状のニーサの制度で積立するよりも、人によっては積立期間が長くなると考えられるため、一回の拠出金額が少なくても拠出の回数が多い分、価格変動のあるという金融商品に時期を分けて拠出するということで、投資タイミングのリスクを少なくして運用益を期待することが出来ると思います。

対象金融商品の中には、定期預金を対象としたものもありますが、価格変動のある商品を対象としてこその、時間分散効果なのです。

さて対象商品ですが、「運用」は、価格変動を抑えた「バランス型ファンド」を対象としたものが基本とされていますが、
前述の通り、価格変動の大きい金融商品(つまりリスクの高い金融商品)の方が、時間分散効果は高いのではと思います。

中でも、常に利潤を追求し、価値を創造し続ける企業活動への投資として「株式」を投資対象としたファンドが断然オススメです。

継続安定した企業しか上場が許されていない株式市場の中でも、代表的な優良銘柄を投資対象としたインデックス型だと低コストで高い運用益が期待できるのではないかと思います。

このインデックス型ファンドを数多く取り揃えているのがSBI証券で、イデコの申込みでよく比較される楽天証券と比べると、その取扱い数の差は歴然となります。

「投資」は怖いっていう固定概念の強い日本人にとって、小口で始めることが出来るイデコの成否は、「投資立国」として、みんなが豊かな将来が描けるかどうかの試金石になると思います。

破産しても取り上げられない。つまり、年金を受給する権利は、老後の生活保障を目的としているため、債権者に対する分配の対象資産とはなりません。

メリットの裏返しになるんですが、目的が老後の年金であり、急遽必要な時に換金できません。

子どもの学資やマイカー購入資金のためなど、中短期な目的ではなく、あくまで老後のためという長期的な目的のため、余裕資金の範囲内で拠出することをおすすめします。

イデコに関する詳しい解説はこちら:イデコ(iDeCo)のメリット

バイクを売る方法は目的と車種によって変えるべき

私がよく聞かれる質問のひとつが、「バイクを売りたいんだけど、なるべく高く売る方法は?」というもの。
同じ売るなら高く売ってしまいたい気持ちはよく分かるが、「手間を掛けずに高く売る」という裏ワザは存在しない。

単純に言えば手軽かつ確実に売るならバイク王などの買取業者に売ればいいし、時間が掛かってもいいから高く売りたいなら個人売買がいい。
前者の方法は手間を掛けずに売れる反面、業者が介入する分安く買取られる。

逆に後者は買い手との直接取引なので高く売れる反面、手続きの手間や売却後のトラブルなどのリスクがある。

どちらの方法が正解かというのはなく、自身が優先するのは価格なのか、手間を掛けずに売ることなのかの選択になる。

また、売却するバイクの車種や種類による部分もある。
例えば乗り潰したスクーターなどは買取店に持っていくと廃車費用を取られたり、値段がついても二束三文になりやすい。
そのため多少時間が掛かっても、ネットオークションで買いたい人を探した方が希望の値段で売れやすい。

しかし、人気のある旧車やハーレーなどのバイクは買取業者でも高く売れる。
これはタマ数が少ないため業者間でも奪い合いが起きているためで、業者同士で競合させると高く売れやすい。

このようにバイクを売る方法というのは目的や車種によってベストな方法が異なるわけですが、基本的にはトラブル防止の意味も含めて個人売買はおすすめしません。

Older posts