私がよく聞かれる質問のひとつが、「バイクを売りたいんだけど、なるべく高く売る方法は?」というもの。
同じ売るなら高く売ってしまいたい気持ちはよく分かるが、「手間を掛けずに高く売る」という裏ワザは存在しない。

単純に言えば手軽かつ確実に売るならバイク王などの買取業者に売ればいいし、時間が掛かってもいいから高く売りたいなら個人売買がいい。
前者の方法は手間を掛けずに売れる反面、業者が介入する分安く買取られる。

逆に後者は買い手との直接取引なので高く売れる反面、手続きの手間や売却後のトラブルなどのリスクがある。

どちらの方法が正解かというのはなく、自身が優先するのは価格なのか、手間を掛けずに売ることなのかの選択になる。

また、売却するバイクの車種や種類による部分もある。
例えば乗り潰したスクーターなどは買取店に持っていくと廃車費用を取られたり、値段がついても二束三文になりやすい。
そのため多少時間が掛かっても、ネットオークションで買いたい人を探した方が希望の値段で売れやすい。

しかし、人気のある旧車やハーレーなどのバイクは買取業者でも高く売れる。
これはタマ数が少ないため業者間でも奪い合いが起きているためで、業者同士で競合させると高く売れやすい。

このようにバイクを売る方法というのは目的や車種によってベストな方法が異なるわけですが、基本的にはトラブル防止の意味も含めて個人売買はおすすめしません。