運用益が非課税になることについて、再度「運用とは何か」ってことを考えてみましょう。

3号被保険者はサラリーマンの様に所得が多くないため、所得控除の効果は限定的ですが、
現状のニーサの制度で積立するよりも、人によっては積立期間が長くなると考えられるため、一回の拠出金額が少なくても拠出の回数が多い分、価格変動のあるという金融商品に時期を分けて拠出するということで、投資タイミングのリスクを少なくして運用益を期待することが出来ると思います。

対象金融商品の中には、定期預金を対象としたものもありますが、価格変動のある商品を対象としてこその、時間分散効果なのです。

さて対象商品ですが、「運用」は、価格変動を抑えた「バランス型ファンド」を対象としたものが基本とされていますが、
前述の通り、価格変動の大きい金融商品(つまりリスクの高い金融商品)の方が、時間分散効果は高いのではと思います。

中でも、常に利潤を追求し、価値を創造し続ける企業活動への投資として「株式」を投資対象としたファンドが断然オススメです。

継続安定した企業しか上場が許されていない株式市場の中でも、代表的な優良銘柄を投資対象としたインデックス型だと低コストで高い運用益が期待できるのではないかと思います。

このインデックス型ファンドを数多く取り揃えているのがSBI証券で、イデコの申込みでよく比較される楽天証券と比べると、その取扱い数の差は歴然となります。

「投資」は怖いっていう固定概念の強い日本人にとって、小口で始めることが出来るイデコの成否は、「投資立国」として、みんなが豊かな将来が描けるかどうかの試金石になると思います。

破産しても取り上げられない。つまり、年金を受給する権利は、老後の生活保障を目的としているため、債権者に対する分配の対象資産とはなりません。

メリットの裏返しになるんですが、目的が老後の年金であり、急遽必要な時に換金できません。

子どもの学資やマイカー購入資金のためなど、中短期な目的ではなく、あくまで老後のためという長期的な目的のため、余裕資金の範囲内で拠出することをおすすめします。

イデコに関する詳しい解説はこちら:イデコ(iDeCo)のメリット